女性と薬品イメージ

ピル、と聞いたらやはり避妊薬というイメージがあると思います。自分もそうでした。ですが、調べていくうちに避妊以外にも様々なメリットがあることがわかりました!せっかく調べたのでここにまとめておこうと思います。

望まない妊娠を回避するピル、日本家族計画協会も推奨

女性に取って、望まない妊娠をしてしまうことほど、深刻な問題はありません。子供を自身のお腹に宿し、成長させ、この世の中に産み落とすことは、女性にしかできない素晴らしい役割ですが、自分の命をかけて行う大仕事でもあるので、それ相応の覚悟を持って挑まなければ成し遂げられません。妊娠期間中は、予想だにしない変化が、女性の身体には起こってしまうこともあり得るので、健康に元気な赤ちゃんを産むためにも、自分自身だけではなく周囲の環境も整えて立ち向かわなければなりません。その為、今はまだ子供を持つタイミングではない、と考えているのであれば、確実に避妊対策を取らなければならず、予期せぬ妊娠をしてしまったからといって中絶手術を繰り返していれば、女性の身体には悪影響を及ぼしてしまいかねません。一般社団法人、日本家族計画協会も、女性が自らの意思で確実に避妊ができる低用量ピルを推奨しており、避妊を男性任せにすることは非常に危険だと警告しています。我が国においては、親しい付き合いをしている男女であっても、避妊について真剣に話し合うという習慣はあまりなく、成り行き任せや口に出すことはタブーとしている方も少なくありません。しかし、健康な身体を持つ男女が、セックスを行えば、当然ながら妊娠する可能性は生まれてしまうので、女性の心と身体が傷つかないようにするためにも、どういった避妊対策を取るのか、互いの意見を確認し合い、協力し合うということは重要です。話し合うのには抵抗がある場合であっても、女性自身が母親になる覚悟ができていないのであれば、ピルを服用する習慣をつけ、妊娠しない身体に整えておくということは、意味あることなのです。