女性と薬品イメージ

ピル、と聞いたらやはり避妊薬というイメージがあると思います。自分もそうでした。ですが、調べていくうちに避妊以外にも様々なメリットがあることがわかりました!せっかく調べたのでここにまとめておこうと思います。

アフターピルであるプラノバールの効能とは

セックスの際に男性がコンドームの装着を拒否した場合や、途中でコンドームが破れて避妊に失敗した場合、72時間以内に服用することで妊娠を回避できるのが緊急避妊薬で、アフターピルとも呼ばれています。

プラノバールもアフターピルの種類の一つですが、その効能とはどんなことがあるのでしょうか。

プラノバールは、避妊に失敗してから72時間以内に1錠、それから12時間後にまた1錠服用することで妊娠を回避していきます。

一般的に婦人科などの医療機関で処方されますが、ネット通販などで海外から個人輸入したり個人輸入代行サイトなどからも購入することができます。

服用後、数時から遅くても3週間後に出血が見られれば妊娠しなくて済んだことになりますが、それ以前のセックスですでに妊娠していた場合や72時間経過してしまい薬の薬効成分が十分に効かなかった場合には3週間経過しても出血しないことがありますので、その際には婦人科で診てもらうようにしましょう。

フラノバールは、ヤッペ法という緊急避妊法に使用されるピルで計2錠服用することで妊娠回避効果が得られるので飲み忘れないように注意が必要です。

実は、プラノバールは副作用が強く下腹部痛や下痢などのほかにプラノバールを服用した多くの人が吐き気や嘔吐などの症状を訴えることがあるようです。

また、重篤な副作用としては血栓症になるリスクが高いため、特に喫煙者が処方を希望しても血栓症になる可能性が高いので医師に相談してみるのが良いでしょう。

プラノバールは同じくアフターピルのノルレボに比べて比較的費用が安いとされていますが、ノルレボの認可が始まってからプラノバールを処方する医療機関が減っているのでプラノバールを処方してもらいたい場合には事前に確認してから行くようにしましょう。